目を休ませることの大切さ


目が疲れるといったことは誰しも一度は経験があろうと思います。

眼精疲労があると目だけの症状だけでなく、体全体に影響が現れます

眼精疲労の症状

眼精疲労の症状としては、次のような症状があります。

目の疲れが激しい

眼が乾く

視力が落ちる(視力低下)

目が充血する

目が痛い・目の奥が痛い

肩こり・頭痛

目の痙攣(まぶたの痙攣)

眼のかすみ

吐き気・食欲不振



目を酷使すると、ピント調節を行う機能が低下し、また、ロドプシンの再合成がうまくいかなくなるため、目のかすみが起こります。


つまり、大事なことは、きちんと目を休めること。


スマホやパソコン(VDT症候群)をよく見ている人は、定期的に目を休める。


遠くを見たり、目を動かして目の緊張を和らげる。


まばたきの回数を意識的に多くする


蒸しタオルで目のまわりを暖め血行をよくする。


目の疲労回復には42度のシャワーで目の周囲を温めるとよい?によれば、42度のシャワーで眼の周囲を温めると、目の疲労回復に効果があるそうです。


目の周囲をマッサージする。


目の周りの皮膚は非常に薄く、

刺激を与えすぎるといけないので、優しくマッサージしてみてくださいね♡

Amelie.INDIBA.salon

indibasalon amelie

0コメント

  • 1000 / 1000