体温が上がれば免疫力がアップする


普段、気にすることのなく当たり前のように捉えている 私達の体温…

実は 体温が 1度下がると免疫力は30%も低くなります。

そうなると体はどうなるのでしょうか…


免疫力が低下すると、ウイルスから身体を守れなくなったり、免疫の誤作動によって自分自身の免疫が自分の体の組織を破壊して病気を引き起こやすくなります。


少ししんどいなくらいでは、気にも留めないぐらいの方が多いと思います。


・最近、疲れやすい

・風邪をひきやすい

・花粉症などアレルギー症状がでてきた


このような小さなことから体は信号だしはじめます。

疲れない、肩もこらない、、冷え症だけど仕方ない、

むくみがひどいような気もするけど・・・


これはもう体の立派な信号です。

そんな時は体温を計る習慣をつけるのも良いかもしれません。


健康な細胞は低体温だと新陳代謝が悪くなります。

ご存知の方も多いと思いますが、ガン細胞は35℃台の低体温のときにもっとも活発に増殖するということが分かっています。


さらに低体温は身体を酸化させ、老化のスピードを促進させてしまいます

体だけでなくお肌もガザガザ、ボロボロになってしまいます


低体温→抵抗力低下→病気発症・悪化→体内環境悪化→さらに低体温になるという…

恐ろしい悪循環です。


ではどうすれば健康でいられるか?

外側の綺麗が内側の綺麗につながっているということに

皆様に気づいていただきたいんです。


もっとシンプルで効果的な方法は体温を上げることです。

・体温を一時的に上げる努力をする

・そして、体温を常に高い状態に保つ努力をする

これを実践すれば健康に近づき、予防美容をすることができます。


ちなみに体温が1度上がると…

なんと免疫力は500~600%アップすると言われています。


風邪をひいて発熱するのも、体温を上げて免疫力を高めようとする体の防衛本能です。

体温を上げることで人はストレスに強く、病気になりにくい健康な体を維持することができるのです。


amelieでは体温を上げるこで、痩せたいと考えることよりも重要なことは

予防美容、体質改善とご提案しております。





INDIBAsalon Amelie

indibasalon amelie

0コメント

  • 1000 / 1000